creators
PR Planner - Hina
2024.07.02

【ファッション・アパレル編】インフルエンサータイアップ成功事例5選

 

近年、SNSを使ってファッションのリサーチをしたり、ネット通販で購入する人が増えています。
その背景には、インフルエンサーとのタイアップに成功したブランドが増えていることも影響しているようです。

ユーザーは、タイアップ投稿やインフルエンサーの情報発信を見て気になったものがあればそのままECサイトにアクセスして商品詳細を見ることができるため、インターネットを利用した買い物がしやすい流れが作りやすくなっています。

そこで今回は、弊社が実施したファッション・アパレル系のインフルエンサーとのタイアップ成功事例を、SNSマーケティングの重要ポイントとともにご紹介いたします✨

1. 親和性の高いインフルエンサーの起用

「新しい“ときめき”に出逢える」をコンセプトに、ファッション性がありながらも長く履けるよう機能性にこだわったシューズを販売しているレディースシューズブランドの「Launa lea(ラウナレア)が名古屋で開催する期間限定POPUPへの集客を目的にインフルエンサーを起用し、Instagramにてフィード投稿をしていただきました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SHIORI IRIE(@sh10110)がシェアした投稿

🩷【Heart Move Marketing ポイント】🩷
ブランドと親和性の高いインフルエンサーを起用する!

名古屋で開催されるイベントへの集客が目的だったため、「関西エリアにゆかりがある」「ファッションに定評がある」ということの2軸の条件から、イベントと親和性の高く、ブランドコンセプトの「華やか」「大人っぽい」「持ち物の機能性へのこだわりをもっている」に合致するようなイメージのインフルエンサーを選定・起用してPR施策を実施しました。

結果として、インフルエンサーのライフスタイルとリンクした自然な流れでの「地元に帰った時のお買い物」という切り口の投稿が、既存フォロワーからのコメントや保存につながり、エンゲージメント率が高まる施策となりました。それに伴い、リーチ率も伸長し、非フォロワーへのアプローチを可能にした効果的な集客施策となりました✨

2. インフルエンサーの熱量を引き出す企画提案

こちらは、吸水型ショーツを取り扱うブランド「Hogara(ホガラ)」のYouTube施策です。

ファッション&ライフスタイル誌「VERY」の表紙モデルを長年務め、ママ層からの絶大な人気を誇る滝沢真紀子さんをフェムテック商材を取り扱う企業が集結するイベントにお招きし、YouTube動画を撮影した施策となっております。

弊社代表である金本が滝沢真紀子さんとのご縁があり、ご本人からフェムテック製品にご興味があるとのことをお聞きしていたことから、本施策のキャスティングに至りました。

もともとフェムテック製品に興味があったということで、このようなPRが難しい製品においても自然な形で、かつ熱量高くPRしていただくことができました。

インフルエンサーとのコミュニケーションを大切にする当社の方針と、細やかな社内連携があったからこそ実現できた成功事例となっております✨

3. イベントへのインフルエンサー来場施策

ネット社会の現代では、多くのアパレルブランドが新商品を販売するタイミングやプロモーションのためにPRイベントを開催しています。そのようなPRのイベントにおいて、インフルエンサーを起用することは重要な宣伝ポイントとなっています。

トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社が展開するランジェリーブランド「Triumph/トリンプ」は、スッキリとしたバックデザインと一日中美しい谷間とシルエットをキープする製品が人気のブランドです。

弊社では、トリンプブランドの25周年を記念して開催されたアニバーサリーパーティーのPRとして、インフルエンサー30名を起用したプロモーションを実施しました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ERI MORI 森 絵里(@erimori55)がシェアした投稿

25周年を祝うアニバーサリーパーティーでは、トリンプの歴史を振り返るコンテンツはもちろん、ゲームコンテンツやおしゃれなケータリング、フォトスペースなどが設置されていたため、インフルエンサーの満足度が高く、滞在時間も伸び、大成功を収めた施策となりました。

また、招待されたインフルエンサーの写真映えする投稿や楽しむ様子を投稿が話題を呼び、記念すべき25周年のお祝いにふさわしい華やかなイベントになりました!

4. 自然な流れでの訴求とPR手法の併用

こちらは、ワコールブランドの新シリーズ「Wing(ウィング)」のローンチに伴い、ターゲット女性の中でも特定のジャンルに強いインフルエンサーをキャスティングした施策の事例です。

商品が女性用のインナーということもあり、比較的訴求が難しい商品でした。そこで、インフルエンサーの個性や境遇を活かし、ファッション性をアピールするような投稿にすることで、自然な訴求として展開することができました✨

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@(@kasimegu)がシェアした投稿

また、自然な流れでの訴求ができたことにより、一部のインフルエンサーは施策投稿のエンゲージメント率が普段の投稿のエンゲージメント率よりも高くなり、より多くの人にリーチすることができた施策です。

その他にも、本施策ではフィード投稿だけではなく、購入ページへのリンクを貼ったストーリーズ投稿も同時に行い、それらをハイライトにまとめることで、より購買に繋がりやすい座組を作ったこともポイントです!

5. 人気インフルエンサーを起用した店頭冊子を作成

こちらは、ランジェリーブランド「AMOSTYLE(アモスタイル)」の事例です。

本施策は「日本中の女の子にAMOSTYLEをもっと好きになってもらう」ことを目標に掲げ、一人でも多くの人にAMOSTYLEの店舗に足を運んでもらうことを最も重要な目的として企画・提案をしました。

そこで、キービジュアルにはブランドのターゲット層となる20代女性に人気の古川優香さんを起用し、撮影から印刷まで一貫してお任せいただいきAMOSTYLEの店舗でしか手に入らない「GIRLS ZINE」をプロデュースしました。

GIRLS ZINE」は植物図鑑をテーマに、下着特有のいやらしさを感じさせず、女性がキュンとするクリエイティブを意識して制作しました。
その結果、女の子がキュンとするような清楚な印象で、自然と手に取りたくなるような冊子を作り上げることができました。

このように、弊社ではインフルエンサーのキャスティングのみではなく、デザイン制作・クリエイティブ制作・カメラマンのキャスティングまでお任せいただくことが可能です!

まとめ

以上、インフルエンサーのタイアップ成功例の一部をご紹介させていただきました!

アパレルブランド企業様のGOALイメージや目的によってもインフルエンサーの起用方法は様々ですので、インフルエンサーマーケティングに関しましては是非ご相談ください✨