社内向けの基礎研修を実施いたしました!

こんにちは。広報の安達です。

 

昨今、たくさんの企業がSNSを使ったPR施策やインフルエンサーマーケティングに参入し始め、業界としてもますます活気強くなってきております✨✨

 

その中でも弊社はただいま7期目を迎え、インフルエンサーマーケティングに取り組む企業としては老舗と言っても過言がないのでは、と自負しております✨

社員数もこの1年で倍まで増員!

多種多様なバックグラウンドを持ったメンバーが集まっているからこそ、

様々な角度からプランニングをしたり、クリエイティブ制作ができます✨

頼もしい仲間が増えた一方で、より業界の基礎的な知識をつける必要が急務だということも事実・・。

 

そもそも「広告代理店」とは?

そこで、本日は営業の坂本部長より「広告代理店」について、全社員を対象とした基礎研修を開催致しました。

 

  

 

広告代理店とは、広告主と消費者の双方向のコミュニケーションのお手伝いをする立場です。

そこでの代理店の役割や弊社内におけるセクション(営業、キャスティング、クリエイティブチーム)へ、クライアント様からの期待や目的意識を確認する重要性など、基本的なところから丁寧に講義いただきました。

 

 

後半は質疑応答の時間を設け、今後の広告業界について考えていることや

マス広告が弱くなってきている現状での統合マーケティングの重要性についてお話しいただきました。

 

今回初めて研修を受けたメンバーも多い中、積極的に質問していて大変有意義な時間となりました。

ミンツプランニングはよりプロのプランニングチーム・クリエイティブチームになるべく、今後も社内向けの基礎講習を行なって参ります✨

 

最後に、講師を担当して下さった坂本部長、ありがとうございました。

 

 

 

<講師Profile
営業部長 坂本 大輔 | Daisuke Sakamoto 

1986年生まれ。大学時代は旅行業を学び資格を取得。前職では博報堂の営業職としてテレビCM枠のバイイング、デジタル広告のディレクション、キャンペーン企画、CM制作など幅広い広告領域を経験。

2016年度博報堂内にて社長賞を受賞。30歳という年齢を機にこれまでの経験を活かすべく、2017年6月ミンツプランニングへ参画。