Instagramで可愛い!の目線は変わった

こんにちは。
SNSを通して日々インフルエンスされ、日々物欲を抑えきれていないさがらです。

日々Instagramを見てはハッシュタグ検索し、Google検索。
(つい先日もInstagramとGoogleを駆使し、ラスト1点のジャケットを購入。)

 


そんな私ですが先日、とあるブランドのプレスの方とお話しする機会があり、
"消費者の目線”が変わってきているよね!!ということがあったのでご紹介。


ブランド担当者の使命


わたしとPRのYumieはアパレル畑出身ということもあり、ブランド担当者としての使命(といったら大げさですが)は

「きちんと見せる」ことが正解とされていることを知っています。

ネットでのお買物が主流となり、お洋服のディテールやカラー、寸法をきちんと見せ、お客様が誤解がないよう購入に進んで頂くために、とっても気を遣っているのです。
雑誌への載り方や、カタログでも。

特に実物と色が違うなんてこと許されないのです!!!トラブルの元ですからね。

celine4 celine5

ですが、ここ数年でInstagramというSNSツールの流行により、その「見せ方」に変化が現れたのです。

 

その物を使う"イメージ"ができる

Instagramでは

 

フィルターをかけてみたり

スクリーンショット 2017-06-12 21.31.55
(このバッグ持ってお花とスタバ、可愛い。)の目線。



あえてここからトリミングしてみたり

スクリーンショット 2017-06-12 21.12.12

(カジュアルなコーディネートにもイケるのね、ふむふむ。)の目線

 

スクリーンショット 2017-06-12 21.14.03

(大きさはこのくらいなのね。)の目線。

 



などど、Instagramでは
「全部をきちんと見せること」が正解ではないのです。
オシャレ感とは「そういうこと」なのです。

(Instagramはその個性の見せ合いなのです。)

 

消費者は、その物を使う自分をInstagram上の投稿からイメージをしていくのです。


だって、商品のきちんとした写真はECサイト見ればわかるでしょ?うん。

yu_instagram1

そうなのです。
ECサイトのきちんと感の普及により、そのきちんと感はInstagramには不必要とされております。
いらないんです。そういうのは。


ここでこんなお洋服きて私もインスタあげたい

このお洋服のこんなコーディネートいいな

この髪型でこのお洋服、かわいいじゃん


など。もはや

視界が可愛いか、オシャレか、

で まず購買意欲は湧くのです。


そこからGoogle先生へ質問します。
そうしたら、教えてくれますね、公式ホームページから。口コミサイトから。
プライス、ディテール。

そこで購入するのかどうか、です。

(私はだいたい買っちゃいます。)

 

Instagramの流行により、雑誌までもその目線で消費者は見ています。

こんな場所でこのお洋服着てたら可愛いかも。

デートの前に欲しい!

旅行の前に欲しい!

そのリアルなシチュエーションを自分に置き換えて想像できるか、で

購買意欲が変わってきます。

 

じゃあどうしたらいいの。。。!!!

 

弊社では全てのコミュニケーションプランを考慮しディレクションさせて頂いております。

雑誌とSNSの連動、SNSとキャンペーンの連動、見せ方にこだわったカタログ。

消費者の購買意欲が増す「見せ方」が得意です。

 

スクリーンショット 2017-06-12 22.36.32

 

是非お問い合わせください★

Contact✉︎

 

 

RECOMMEND