creators
Casting Planner Sae
Casting Planner Sae
2024.02.02

【社員インタビュー】自分を高められる環境を求め、異業種からの転職を決意。入社1年半でメディア部署のリーダーに抜擢されたチームリーダーが心がけていることとは?

目次

メディア部署所属キャスティングプランナー 佐藤紗衣

ブライダル会社にてウェディングプランナーとして新規営業やサービス業を経験したのちに転職を決意し、2022年1月に株式会社ミンツプランニングに入社。
現在はプレイングマネージャーとして常時十数件のプロジェクトを担当する傍ら、メディア部署のリーダーとしてPRプロジェクトの運営から結果数値の検討まで実務および管理を行い、キャスティングプランナーとして活躍している。

・  ・ ・


働きながら自分磨きのできる環境を求めて

ーー全く異なる業界からの転職とのことですが、入社の決め手となったものはなんでしたか?

『人』です。

前職ではウェディングプランナーをしており、全くの別業界から転職をしてきました。

そもそも私の働く目的は「自分磨き」なのですが、学生時代のアルバイトの経験をふまえて『理想の女性』に近づくためには、まず誰かのために動き、時間を使い、支えになれる人だと感じていました。
その「自分磨き」のためにウェディングプランナーになり、お仕事自体は
とてもやりがいがあり、刺激的な毎日を送っていたのですが、新たなステップに進む機会があり、転職を決意しました。

前職での様々な出会いや学びを活かし、また、新たな「自分磨き」において大切にしたいことが自立したかっこいい人だと感じ、その軸で会社を探していたところ弊社を見つけました。

入社前は正直広告業界のことはあまり分からず、業務として出来るかも分からなかったのですが、社風や社員インタビュー、コラムなどを見てここなら自立出来そうだと感じ、入社を決意。
入りたいところしか面接を受けないと決めていたため、他はどこも受けずに飛び込みました!

ーー「入社してよかった」と思うポイントはありますか?

やはり『人』です。

どんなに忙しい時でも支えてくれるメンバーがいて、信じてくれる上司がいます。

少し周りを見渡せば「この先輩のこの考え方素敵だな」「この人には敵わないな」と思う人で溢れているので、とても刺激的な毎日を送ることが出来ています。

現在、佐藤さんが所属している部署と業務内容についてご説明お願いします。

主にキャスティング関連の案件を担当するメディア部署に所属しています。

メディア部署のチームリーダーとして日頃から各メンバーと1on1ミーティングを行い、チームをまとめつつ、私自身もプレイヤーとしてPR施策を担当しています。

プレイヤーとしては、主にPR施策のキャスティングから運用、数値分析、考察までを担当をしており、セールスチームと連携をして提案リストの作成したり、その他にもインフルエンサーさんとの連絡対応、事務所の方との打ち合わせなど、幅広い業務に携わっています。

インフルエンサーさんとの連絡を多く行うため、簡潔な文章構成や言い回しを日々意識しながら、どんな案件に対しても現状に満足をせず、常に改善意識を持って案件を担当しています。

撮影案件やイベント案件があれば著名人やインフルエンサーさんと共に現場へ伺ったり、定期的にインフルエンサーさんとランチしたりと、直接お会いできる機会もあるのがメディア部署の特徴です!

ーー一緒に働くチームメンバーはどんな方が多いですか?

とにかく優しいメンバーが多いです。
相手に気を遣わせないように先回りの気遣いが出来る人が多く、その細かな気遣いに毎日支えられています。

また、現状に満足をせず成長意欲が高い人が多いので、常により良くするための意見が出てきます。
私はもともと決まったものに順応してしまいがちだったので、とても刺激的な環境です。

プライベートでは家庭を持っているメンバーもいるので頻繁ではないですが、勤務後にご飯に行ったり、休日にはディズニーランドに行くなど距離感はとても近く、仲はとても良いです!

ーー佐藤さん一日の業務内容を教えてください。

毎日違うことをしているので、特に決まったものは少ないですがスケジュールでいうと、基本的にこのようなスケジュールが多いです。

10:00 – チームミーティング
10:30 – 連絡対応
11:00 – PR案件対応
13:00 – ランチ
14:00 – 事務所の方とミーティング
15:00 – 担当プロジェクト数値分析
17:00 – チームメンバーと1on1ミーティング
18:00 – タスク整理・連絡対応

19:00 – 退勤

案件対応の量によってスケジュールの調節はしていますが、チームメンバーが気持ちよくお仕事ができることも私の役目なので、隙間時間を使ってチームでの業務やメンバーのタスク負担を確認しています。


 

仕事の基本を身につけることの大切さ

ーー佐藤さんが仕事をする上で、最も大切にしていることはなんですか?

『感謝をすること』です。

そもそもお仕事を頂けるということがありがたいこと、他にもメンバーがいる中でも私に依頼をしてくださること、お話を聞いてくださったり逆に相談をしてくださること…。

クライアント様や事務所の皆様、インフルエンサーさんにはもちろんのこと、社内のメンバーや自分の置かれている環境にも常に感謝をしながら過ごしています! 

ーーこれまでで最も印象に残っているプロジェクトがあれば教えてください。

これまで様々なPR案件を担当してきましたが、特に印象的だったのは、入社半年の時に経験した大手ブランドのキャンペーン施策のキャスティングです。

著名な方をキャスティングする施策だったため、ワクワク半分、不安半分という気持ちでしたが、直前でキャスティングを予定していた方が辞退。
他案件も進めつつ、朝から夜まで事務所の方と沢山お電話をしてクライアント様のイメージにも合う方を探し、結果的に無事にキャスティングを遂行することができました。

この時はまだまだ業界のことが分からずに自分なりに試行錯誤して頑張っていた時期だったため、いざとなった際の事務所の方とのリレーションの強さに感動したことを今でも忘れられません。

また、自分が担当したPR施策の投稿がオススメ欄に表示されたり、投稿についてて前向きなコメントが多くついたり、いつも見ている著名人が商品を使っていたりすると「多くの人に広まっているのだな」と嬉しくなり、インフルエンサーさんのファンの方にも愛されるPR施策に携わることが出来たのだと、やりがいを感じる瞬間です。

ーー企業理念にもある「自由と責任」を佐藤さん自身、どのように体現していますか?

「自由と責任」を体現するためには、まず「信頼」が必要だと考えています。

フレックス制度を使用させて頂けるのも、リモートでの勤務をさせていただけるのも、会社から「信頼」があるからこそのものだと思います。

だからこそ、私は基本を大切にしています。

例えば、勤怠の打刻を忘れない・遅刻をしない・期日を守る・ホウレンソウをする・誤字脱字など、初歩的なミスはしないなど、一見簡単なことに思えますが、少し業務に慣れてくるとつい油断をしてしまいそうになるものです。そして、これらが出来ていないと組織人として、一人前とは言い難いです。

一人前になって初めて会社から「信頼」をされ、そして「自由」が許され、「責任」のある業務を任せていただけると私は考えています。

 

入社1年半後、リーダーに抜擢

ーーメディア部署のチームリーダーに抜擢され、まさに「信頼されること」を体現されていますね。現在の活躍に至るまでの経緯は?

入社して最初の頃はセールス部署に配属をされ、資料作成のサポートやクライアント様とのお打ち合わせにも同席をさせていただいていました。
それから3ヶ月ほど経ってから、他チームでのお仕事も経験させていただけるとのことで、現在のメディア部署へ異動して1年半ほど勤務をした後、私がチームリーダーをさせていただくこととなりました。

チームリーダーになってから半年が経ちますが、今は案件をこなしつつも行うチームメンバーのモチベーション管理やマネジメントがとても楽しいです!

ーーメディアのチームリーダーとして、心がけていることはありますか?

心がけていることはたくさんありますが、その中でもこの3つを特に大切にしています。

①全員の意見を聞くこと
②日々の感情を一定にすること
③常にチームメンバーの味方でいること


①全員の意見を聞くこと

私は新人の時に、「業界理解が出来ていない私の意見は言わない方が良い」と感じていたので、ほとんど自分の意見は出していませんでした。
しかし今になってわかることですが、少し時間が経つと、逆にフレッシュな意見やユーザー目線での意見が出せなくなってしまうため、新人の方の意見もとても貴重な意見だったりもします。

それぞれの今までの経験や考え方、感じ方を少しでも共有してくれたらと思い、意見を引き出すように工夫した結果、今ではインターンの子たちも含めて、多くの意見が飛び交うチームになりました!

②日々の感情を一定にすること

自分の機嫌(主にマイナスなもの)は一切仕事には持ち込まないようにして、ポジティブなものはチームの雰囲気も明るくなるので共有するようにしています。
そうすることでプライベートとのメリハリもつき、プライベートにも仕事の感情を持ち込まないようになりました!

③常にチームメンバーの味方でいること

チームメンバーへのフィードバックの際に、時には厳しいことも伝えなくてはなりません。

先輩方からチームについてご指摘をいただくことももちろんあります。
その時に私もどうしたら改善できるかを共に考えたり、仮にチームメンバーへの指摘であっても、リーダーとして自分への指摘でもあると捉えて行動をするようにしています。

チームリーダーとしてまだまだ模索中ですが、チームメンバーには「あなたは1人じゃない」ということを感じてほしいなと思っています。

ーー今後、メディアチームで成し遂げたいことはありますか?

たくさんありますが、一番は「メディアチームからの提案で面白いPR案件を継続的に作り出していくこと」です。

私たちは常にインフルエンサーさんや事務所の方とコミュニケーションを取っているので、どんなお仕事をやってみたいかなど、直接お話を聞く機会がたくさんあります。

その熱意にはできるだけ応えたいと思っている一方で、クライアントの方とのお打ち合わせやPR案件のご依頼などはセールスチームがメインで行なっているため、PR施策とインフルエンサーさんや事務所の方の意見がベストマッチすればすぐに案件につながるのですが、業界の特性上スピードが求められるため、タイミングによってはマッチングが難しいこともあります。

だからこそ、今、メディアチームとしてはセールスチームとの連携や、インフルエンサーさん、事務所の方との繋がりを特に強化しているため、皆様の意見をまとめ、「やりたい!」を形に出来るようなお手伝いが出来れば幸いです!

ーーミンツプランニングでは、『Heart Move Marketing(ハート・ムーブ・マーケティング)』を大切にしていますが、佐藤さんにとって「心を動かす・動かされること」とは?

『感動』だと思います。

私は風景でも絵画でも、映画でも小説でも、感動をすると心が動かされます。

単純に「素敵だな」「すごいな」という感動ではなく、それを自分ごとに置き換えて何かしらの行動を起こしたくなったり、考えを改めることがあると、心が動いたことになるのではないかと考えています。

お仕事では「ありがとう」のその先にあるものが「Heart Move(ハート・ムーブ)」になると思っているので、私がここにいる理由や、私だからこそ出来ることは何かを体現し、感動を届けられるような人材になりたいと考えています!

ーー新しく仲間になる社員に求めることはなんですか?

『柔軟性』です。

案件を進めていると途中でスケジュールが変わったり、内容に変動があったりとやむを得ない状況も多くあります。また、そのスピード感もとても早いです。
その中で焦らず、その都度冷静に対応できる柔軟性があればメディアチームの戦力になってくれると思っています!

ーー最後に、みなさんへメッセージをお願いします。

ミンツプランニングはあたたかい人で溢れた会社です。

広告業界やSNSマーケティング、インフルエンサーキャスティングにご興味のある方はもちろん、少しでもミンツプランニングを気になっている方がいれば、是非一度門を叩いてみてください♡

いつでもお待ちしています!


ミンツプランニングでは、「自分らしく働いて、輝きたい!」そんなハイモチベーションな方を募集しています!

〈下記のような方にオススメ・歓迎しています!〉
・TikTok / Instagram などのSNS全般が好きな方
・面白い企画やバズる企画を考えることが好きな方
・世の中にインパクトを与えられる仕事をしたい方
・目標や計画を立て、それらを自ら実行する自己成長に意欲的な方
・チームワークを大切にして積極的にコミュニケーションを取りながら働くことが好きな方
・SNSトレンドや得た情報、数値から自分なりの仮説を持って提案することが好きな方
・新たな手法や施策、サービスを考えて提案することが好きな方

みなさまのご応募お待ちしています!

各種お問い合わせ

Mint’z Planning Instagram
Mint’z Planning TikTok