企画以外にも色々あるplannerのお仕事♡

こんにちは、plannerのkiyoです!

最近は暖かい日が続いており、テンションが上がりますね♡

早く夏が来ないかな〜と楽しみな気持ちもありつつ、もう今年が半分終わろうとしていることにちょっと焦る気持ちも。。

忙しい日々の中でもやり残すことがないよう、全力で頑張りたいところです!

 

そんな私から本日は、「プランナーのお仕事 〜プランニング以外編〜」をご紹介します!

 

 

プランナーというと、企画をひたすら考えて、資料を作って、、というイメージを抱いている方が多いと思います。

でも実際は、それ以外にも色々やっていることがあるのです。本日は、そういった部分にフォーカスを当てていきたいと思います!

 

意外に多い撮影案件

 

自分の提案した案件が実施になると、「企画発案者」として撮影などに立ち会います。

 

企画の意図通りのクリエイティブになっているか?

企画で伝えたかったポイントがちゃんと反映されているか?

そういった目線でディレクションしています!

相手が製作のプロであっても、女性視点での「ここはこういう見せ方にしてはどうか?」という意見をバンバン伝えるようにしています。

今月は、web動画の撮影が2件も入っていたのでかなりバタバタでした。

でも、自分が企画した動画が世に出るってすっごく嬉しいので完成が今から楽しみです♡

 

 

メディア媒体や仕入先とのやりとり

 

また、企画が実施になった場合、撮影以外にも色々と進めることがあります。

メディア記事媒体への出稿が決まれば、出稿先メディアへ。

イベントが決まれば、イベント実施までに必要な協力会社へ。

など、企画通りのプロモーションを実施するためにちゃんと最後まで見届けます!

 

日頃から一緒にお仕事出来そうな会社さんを探してみたり、常により良いプロモーションを実現出来るためにどうしたらいいかを考えるようにしています。

 

企画のその先にある喜び

 

プランナーの仕事自体すごく大好きなんですけど、企画って企画の時点では「机上の空論」でしかないんですよね。

どんなに面白そうな企画を提案しても、実現出来なければ陽の目を見ることがないんです。

本当に、その企画でクライアント様の課題を解決出来たのかどうか見届けることもできない。

 

なので、実施になった企画に関しては本当に本当に強い思い入れを持ってアウトプットまで向き合いたいなと思っています。

 

 

自分の企画で世の中に良い影響を与えたい!面白いこと、新しいことをもっとたくさん考えたい!そんな方は、是非ミンツのプランナーに応募してみてください♩

 

一緒に、世の中をもっとわくわくさせるプロモーションを展開していきましょう!!

 

ご応募、お待ちしております♡

 

 

RECOMMEND