意識するだけで写真が劇的に変わる!簡単にいい写真が撮れちゃう方法ご紹介します!

お久しぶりです!photographerのnaoyukiです!

暖かい日も増えてきて段々と春の訪れを感じています!

 

僕は土曜日にとても天気がよかったので、仲のいいモデルさんとフォトグラファーと代々木公園に撮影に出かけてきました!

 

 

 

 

見てください!!!

代々木公園の河津桜も見頃を迎えてたくさんの人で賑わっていました!!!桜を見るだけでワクワクしちゃいますね♪

 

僕はよく海外から日本に来るフォトグラファーやモデルさんを週末にアテンドして東京を案内することが多いのですが、やはり桜を見せるとみんな感動してくれます!

海外にも桜の木はありますが日本ほど密集しておらず、やはり日本の桜は別格に迫力があって美しいそうです!

 

いい写真を撮るために重要なことは?

 

これは永遠の課題ですね。笑

一言で「写真を撮る」と言ってもそこには様々な要素が絡んできます。

カメラの設定、背景、構図、光、ポートレートの場合はモデルさんの表情やポージングなど。

これらが全て合わさった時、バランスの良い「良い写真」が撮れます。

構図にも様々なものがありますが、今回は一番オーソドックスな「日の丸構図」を使ってご紹介したいと思います!

 

日の丸構図とは?

 

日の丸構図とは、字のごとく日本の国旗をイメージした構図です!

写真を縦横三分割にした際に被写体が真ん中にくる構図のことを指します。

 

 

 

 

ご覧の通り綺麗な日の丸構図になっている事がわかると思います。

定番の構図ですが、簡単にバランスの良い写真が撮れるのでおすすめです!

これを意識するだけでだいぶ写真の質が変わってくると思います。

 

僕はポートレートを撮影する際にこの構図を使う事がほとんどです。

なんてったってバランスがいい笑(他にも様々な構図があるのですがそれは後日記載しますね♪)

この日は晴天で青とピンクのコントラストがとても綺麗だったのですが、今回見せたいのは桜×モデルさんなので敢えて青空が映らないように撮影してます。

写真は引き算です!!

 

さらに今回テクニックとして桜の木の下にモデルさんを配置し、桜でフレーミングすることにより幻想的で迫力のある写真を狙いました!

 

さらにさらに!これは少しトリッキーなテクニックなのですが、桜の枝や花の影を敢えて顔に被せることで面白い写真が撮れるようになります。

 

ここが難しいところです。笑

 

なんでもかんでも影を被せればいいわけではありません。

なんなら影が被っていない方が綺麗な写真になりますが、話すと長くなってしまうのでこちらも後日記載します!笑

 

ではこの写真を編集するとどうなるかと言いますと

Before

 

 

After

 

いかがでしょうか。

 

フォトグラファーとして撮影時に完璧に撮影するのはもちろんですが、編集工程でさらに自分のイメージに近づけていきます。

 

明るさの調整だけでなく、この場合写真に多い赤・ピンク・紫系の色味を変更し、フェードを少しあげて薄白いフィルターをかけています。

 

その他にも様々な編集を行なっているのですが、ご紹介しきれないので次回は編集に使用するソフトや方法などを具体的にご説明いたしますね♪

 

CONTACT