Girls creative ×Tech=GCSadで愛されるブランドに!?

 

 

こんにちは、岩見です(https://mintzplanning.com/member/iwami)!

かなりお久しぶりの投稿となります!

 

 

以前私が投稿したときから、月日が経ち、社員が20名から40名ほどに増員して社内は毎日とっても賑わっています♪

 

 

 

会社の成長に伴い、私の部署についても当時は営業が主体でしたが、現在はCOO勝永(https://mintzplanning.com/member/katsunaga)のサポートをしながら広告の運用を行っています。

 

 

 

 

そんな中で本日は、弊社での新しい広告運用サービスについてをご紹介させていただきます!弊社の質の高いクリエイティブ力を数値化できるサービスでもあるため、ぜひ最後までお読みいただければ嬉しいです♪

 

 

「SNS広告の運用サービス」とは

 

施策やターゲットなどに合わせて最適なSNSにて配信する広告運用を代行するサービス。

※GCSadというサービスで7月から運用開始しております。

 

そもそもGCSadってなに!?

 

GCSad(Girls Creative Social ad platform)は、SNSの運用型広告をAI(人工知能)を使って最適化するサービスのこと!

 

「AIを使った運用型広告ね、よくあるサービス」って思われた方もいるのではないでしょうか?

 

GCSadは一味違います。もちろん、ターゲット×テキスト×予算の最適化は可能ですが、これに加えてさらに、クリエイティブの最適化やインフルエンサーの投稿した画像を使用することが可能となっています。

 

 

・クリエイティブの最適化も人力で行えば可能だけど、業務が圧迫されて中々そこまで手が回らない

・SNSで人気のインフルエンサーのクリエイティブが素敵だから広告で使いたいが、費用面がネックetc…

 

上記のような課題解決ももちろんですが、GCSadを使うことで、SNSの運用代行やSNS上での認知度向上施策、GCSadでの刈取り、接触回数の増加まで、一気通貫で可能となりました。

 

しかも、インフルエンサーのクリエイティブが良かったのか否か判断する指標が少ない中で、インフルエンサーの画像も活用してSNS広告を運用型で実施することで画像を定量的に判断することが可能になります。

 

ブランドだけでなく、広告も愛される時代に!

 

最近では、Instagramもフィードの広告とストーリーズ広告が増えてきています。

とはいえ、数多の消費者の方との接触点となるので、コミュニケーション設計にはとても気を使われているかと思います。

 

その一方で、残念ながらInstagram上で浮いてしまっている広告も散見されます。

そうなると興味が惹かれにくくなったり、商品を購入することでのメリットや得られる世界観を消費者にクリエイティブで伝えにくくなってしまいます。

 

確かに、価格訴求のクリエイティブは消費者の獲得に繋がり易いですが、ブランドを好きになってもらうことや、購入することで広がる世界や体験できることを伝えることはできているのでしょうか?

 

ブランドを愛してもらうにはどうしたら良いのか…?

 

Girls Creative×Tech

 

弊社にPRのご相談をいただくことで、ブランドを愛してもらえるような「企画」、「SNS運用代行」、「適切なキャスティング」、「広告」まで一気通貫での実施が可能です♪

 

女性目線での、女性のインサイトを捉えたSNS上の企画が得意な弊社のナレッジと、AIでの広告運用を掛け合わせることで、認知拡大から刈り取りまでを可能にします。

 

“愛されるブランド”への第一歩を、ぜひ一緒に踏み出しましょう♪

 

 

<お問い合わせ>

RECOMMEND