採用情報Recruit

新規事業開発

勝永 祐樹

KATSUNAGA YUKI

新規事業開発

勝永 祐樹

KATSUNAGA YUKI

ミンツの魅力をお届けするべく、社内メンバーのインタビューの連載<ミンツで働く魅力>Vol.4の今回はCOO・勝永にインタビュー。
なぜ立ち上がりのミンツプランニングに入社したのか・・?

勝永さんがミンツプランニングに参画したきっかけを聞かせてください。

代表の金本とは、もともと友人で前職のWEB制作会社にいた時に声をかけて頂いたのがきっかけです。
前職にいた時はWEBサイトを通じてクライアントが持つユーザーへの課題をどうやったら解決できるかを考える日々でしたが、WEBに触れる機会が多くなるにつれて、ずっと興味があった事業やサービスの立ち上げに関わってみたいという気持ちが強くなりました。

その時、代表の金本に「やりたい事あるんだったらやればいいじゃん?」とまだ数名だったミンツプランニングにものすごくポップに誘ってもらいました。 誰もが転職を考える時にある程度不安要素はあると思いますが、立ち上がりのベンチャー企業に入るという事を深く考えた事が無かったので、不安というか「何ができるのか」を突きつけられてビビッていたというのが正直な感想です。
話をもらってから、自分のやりたい事は何かを改めて考え直し、将来のビジョンとの照合、何よりも金本の持つ突破力全開のパワーに惹かれ半年後に入社を決意しました。

今となってはミンツプランニングに入社しない選択肢は無かったなと思います。 というよりあの時、入社を決意していなかったら一生夢から逃げていたなと思います。

新規事業開発をどのように行っているのか教えてください。

ミンツプランニングは企画を販売していると言っても過言ではないくらい企画に当てる時間の割合が高いです。
というのも女性だからこそ見える視点やトレンドが一番の強みだからです。しかし、企画というのは面白く無ければ成り立ちません。既存の物ばかりではクライアント様からは「どこにでもある企画だな」と思われてしまうからです。

そこで何より重要なのがトレンドをしっかり把握する事。またトレンドで出てきた物をサービス化して、それをどう事業化していくかが求められます。 女性目線で考えられた企画やトレンドを組み合わせて、戦略から実行までの事業計画を立て、投資利益率的に事業化できるか否かを判断して進めていきます。 なので....

「発案 ⇒ 戦略 ⇒ 実行」

という流れを様々な領域、かつフルスピードで新規事業開発を行っています。

今後のビジョンを教えてください。

今後のビジョンは、テクノロジーの力を活用し世の中で必要不可欠となるサービスを構築する事です! テクノロジーの進化スピードにしっかりついていき、SNSを活用して、何を解決できればより女性が活躍できる社会になっていくのかを考え続けていきます!

ミンツプランニングに、「こんな人は向いてそうだな」と思う人物像ってありますか?

携わった事の無い領域でもガンガン主体的に取り組んでいき、最後までやりとげる事ができる人です! 非常に早いスピードでどんどん変化していく時代に、新しい事を恐れてしまうとそれ自体が衰退となると考えています。 もちろん今ある経験値も大切ですが、ずっと学び続ける事ができる人には最高の職場だと感じています。

最後に、このインタビューを読んでいる方にメッセージをお願いします。

最後まで読んで頂きありがとうございます!
この記事に触れて頂いた時点で何かのご縁だと思いますので、転職への不安やこれからの成りたい理想像等がある方は是非お話しをしましょう! 文頭でも書きましたが転職に不安はつきものです。ただ、転職を考えだしたタイミングや就職の時に少しでも"こうなりたい"という気持ちがある人は現状維持を選ばない事をお勧めします。

現状維持を選ぶという事は、現状の全てに納得したという回答にしかならないと僕は考えています。 話をする事によって見える視点の広がりは想像を越えます。
少しでも興味がある方は是非応募お願いします!!

1日の仕事の流れ

キャリア

19歳の時に勢い余ってオーストラリアに渡豪。
その後、ITの力をまじまじと見せつけられ帰国後、IT企業に就職。
IT企業ではこれまた縁もゆかりも無いはずの金融機関に常駐する事に。
その後はプロジェクトマネージャー・WEBディレクターを経てミンツプランニングへと参画。
と夢見る少女じゃいられない。

現在、担当されているお仕事内容を教えてください。

自社サービスの考案・戦略・実行・運用まですべての領域を監修しています。
と言いつつ人事や社内体制管理、時にはカメラマンやWEBディレクターもしてたりします。
ミンツプランニングで働く人が「この会社で働けてよかったな」と少しでも思ってもらえるように"笑い"を大切に、日々無口で粛々と仕事しています。
(社内youtuberになりたい。ライブ配信も尚可)

ある1日の流れ

10:00:街で目にする看板の文字を様々なサービスと組み合わせ、事業にならないものかと考えながら出社後メールの確認、各サービスの進行状況を確認
12:00:お昼は緑が広がるテラス席でブロンドの女性プランナー達と今後のビジョンについてディスカッション(日高屋でチャーハン)
13:00:新サービスの事業戦略、方向性のすり合わせ、はたまたロジックは正しいのかを打ち合わせ
16:00:打ち合わせで決まった内容を実装するにはどれくらいのスケジュール感でできるか、またユーザーが求めるポイントの挙動が確立できるのかをエンジニアと打ち合わせ
18:00:実装にあたり、プロトタイプでテストマーケティング検証の進め方を決定
20:00:会食後、街で目にする看板の文字を様々なサービスと組み合わせ、事業にならないものかと考えながら帰宅

入社してからの自分自身の変化や成長について教えて下さい。

目にするもの、耳にする事を掛け合わせて何かまだ世の中に出ていないサービスは無いかを考えるようになりました。
なるべく本やメディアから情報を探し、時には全然違う業界の人と色々な話をしてトレンドの感度を持つようにもなりました。
結婚している人がいるという現実を叩きつけられるようになりました。

他のメンバーのインタビューを見る