【1人反省会を楽しむ=PDCAを高速化】

こんにちは、セールスプランナーの岩見です。

女性が8割の環境も6カ月目となり、慣れるどころか率先して輪に入っています。

※むしろ馴染んでいます。

最新のトレンド情報や、美味しいランチなど仕事からプライベートまでざっくばらんに話して親睦を深めています。

※会社HPにも記載がありますが、「かずこキャラ」が役立ってます!!

URL:https://mintzplanning.com/member/iwami

 

考えながら動き、高速でPDCAを回す

考えながら動くのも難しいですよね。多くのビジネスマンの方が悩まれているかなと思いますし、多くの方がビジネス書を読むなどして工夫をされていると思います。

僕自身も社会人3年目となり、後輩もチームに入り一緒にがんばっていくためには、率先垂範することが重要です。

そのためには、年間で目標を定めて、定量目標と定性目標を3カ月~1カ月スパンで描き、

さらに週次、日次で落とし込んで数字を見返し、翌日に活かしつつ言葉と背中で見せています。。

そこで実践しているのが、「1人反省会」です

 

数字を自分で見詰め合うのは苦しいですよね。でもやり切ったときの達成感って気持ちいですよね。僕を信じてくれる社内メンバーや部長や役員、社長のためは勿論ですが、何よりも自分が輝いて活躍していると楽しくなりますよね。そのために自分で日次で反省会をやりながら、前に進んでいます。

 

メンターと毎日PDCAサイクルをチェック

 僕は5月より新設されたグロースチームにてセールスプランナーとして活動しております。より営業サイドに近づいたので、なによりも重要となってくるのが「行動量」です。そして新しいメンバーに営業のナレッジを共有して「組織」で数字と向き合うことです。

今までとは「見る範囲」も「考える幅」異なってくるので、毎日役員と朝MTGを行い、個人とチーム全体でのPDCAをチェックおよびアドバイスをもらい実践しています。

経験豊富な役員のアドバイスを受けることで、新しい発見や自分自身の行動管理の精度もあがり生産性の向上に繋がるだけでなく、日に日にできることも増え成長を実感できます。

 

逃げずに高速でPDCAを回して楽しむ

強い人なんていないと思います。誰しも逃げたいことはあると思います。

でも逃げないようにするために「自分で楽しむ方法」を考えることが重要です。

たとえば、「社内を活用して女性のトレンドを蓄える」や自分が輝き活躍し楽しむために「1人反省会」だったり、人によって打ち手は変わってくると思います。

僕自身もっと違う世界が見えるようになるためにも、常に考え高速でPDCAを回して、さらなる活躍をします。

弊社は女性が8割の会社ですが、その中で男性プランナーとして「誰よりも輝き、誰よりも楽しんでる」そんな姿をさらに目指します。