環境を変えるタイミング。

こんにちは、勝永です。

よく”人が変わる方法は三つしかない”と、経営コンサルタントの大前研一さんの言葉が挙がりますが、私自身東京に出て来てから6年の間に4回引っ越しをしています。
4回全ての引っ越しで区が変わっています。

先週末に4回目の引っ越しをしたばかりなので、引っ越しで感じる事をまとめてみます。

また年明けの記事「【2016年】今年やりたい5つの事。」でもやりたい事の一つとしていたので、その内の一つを叶えました。笑

人間が変わる方法は三つしかない。

ひとつめは時間配分を変えること、
二つめは住む場所を変えること、
三つめはつきあう人を変えることだ。

最も無意味なのが〝決意を新たにすること〟である。
決意だけでは何も変わらない

引用元:-wikipedia-

 

8年間で5回のヤドカリ

IMG_5525

今までに住んだ事がある場所を思い出してみます。

大阪→オーストラリア(1回目)→目黒区(2回目)→港区(3回目)→台東区(4回目)→渋谷区(5回目)

海外滞在中に3回引っ越ししましたが”オーストラリア”という枠で1回にしています。

日本人が生涯で引っ越しする平均回数はだいたい5回程らしいので、かなり頻繁に引っ越ししてる事になります。
記事を書きながら「そんなに引っ越ししてたのか」と自分でも思いました。

引っ越ししたての家ではじめて寝る次の日は「あれ、ここどこだ」と旅行に行った時のような気分になる事を楽しんでいます。(笑)

 

通勤ラッシュからの解放

無題

目黒区に住んでいた時は田園都心線を通勤に使用していたのですが、朝の田園都心線のラッシュは思い出すだけで震えるものがあります。

今でもはっきり覚えています、真夏に駅まで走って行きそのまま超満員の電車に乗り込み汗が止まらず渋谷で色々諦めて仕事をサボった事。(笑)

その経験から仕事場からなるべく近い、または電車が混んでいないところに家を選ぶようになりました。

これだけで毎日の幸福度が全然変わります!引っ越しして一番変化を感じれたのでタイトルにしました。

住む場所を変えると自然と外に出かける機会が多くなる気がします。新しい街は外に出ると発見だらけで楽しめます。

 

モチベーションを保つ最高の施策

無題

今まで自分を”変えたい”などを理由に引っ越ししてた訳ではないですが、引っ越しをする事によって今まで考え込んでいた事や気持ちをリセットできたりします。

引っ越し自体結構手間がかかり軽く行える事ではないですが、物理的に何かを変える事は刺激になり、あらゆるモチベーションに変化をもたらすと思います。

昔から刺激を常に追いかけているタイプなので知らず知らず場所を変えていたのかもしれません。

 

仕事でも机でずっと作業を行うよりも場所を変えたほうが効率よく作業ができる事がありますよね!

環境を変える必要があるタイミングを知る事は自分をしっかり知る事になると思います。

 

何かうまくいかなかったり、モチベーションが低くくなっている時は”場所“を変えてみてはいかがでしょうか?