creators
Mint'z Planning Official
Mint'z Planning Official
2024.01.19

【SNS最新情報】各SNS媒体アップデート・NEWSまとめ

ソーシャルメディアは情報のアップデートが激しく、SNSマーケターやSNS運用担当者は常に最新の情報をチェックしておく必要がありますよね!
今回は各媒体が公表した最新情報をまとめました。

◼︎X

認証済み組織バッジ(Verified Organizations)に安価なプランが登場

Xは2024年1月3日に、新しいサブスクリプションサービス「Verified Organizations Basic※」を発表しました。

Verified Organizations Basicは、月額200ドルまたは年間2000ドル(約28万円)のプランです。
プランを告知するポストでは「中小企業向けに設計されており、購読者は広告クレジットと優先サポートを受け取り、Xでより迅速な成長を可能にします」と公表。
Xを活用をしている/活用を検討している企業の方は、こちらのサブスクをお試しいただくのも良いかもしれません✨

参考:https://help.twitter.com/ja/using-x/verified-organizations

※Verified Organizations:Xが公式に認証済みアカウントであることを示す仕組み。Xプレミアム同様、有料のサブスクリプションサービス

Xから遷移できない外部サイトが判明-「Instagram」「Yahoo!ニュース」など

Xでは、2023年12月頃より特定ユーザーが投稿したリプライに「特定の外部サイトのリンク」が含まれている場合、表示されないという問題が発生してるようです。
ユーザーによる検証も度々行われていますが、不明瞭な条件下で発生していることが今話題を呼んでいます。

これらの検証として、Xユーザーの@999ccさんが自身の投稿にリプライする形で、どの外部サイトがリプライに含まれていると非表示になるのかを試した結果、「YouTube」「Instagram」「Yahoo!ニュース」などが含まれていると非表示になることが複数の環境から判明いたしました。

これにより、「外部サイトへの誘導を遮断するのではないか?」とユーザーの間で関心を集めています。しかし、これらの問題が発生するのはあくまで「リプライ」のみで通常のポストであれば問題なく外部サイトリンクの閲覧が可能になります。
また、全ユーザーに対してこの事象が起こっているわけではないことと、「Instagramのリンクを載せていたら非表示になったけど、Facebookのリンクは問題なかった」など、明確な基準がないことも明らかに。ますます謎が深まります。
X(旧Twitter)を活用して利用されるSNSマーケティング施策を実施している・実施予定のSNSマーケター企業の方は注意が必要です。
今後の動向に目が離せませんね。

◼︎Instagram

Instagramの新機能「restyle」「backdrop」が近々登場

Meta社は2024年1月6日(米国時間)、テキストから画像を生成できるAI機能「imagine」のWeb版を提供開始しました。現時点では米国向けに展開しており、日本からは利用できないようです。

imagineは、同社の画像生成基盤モデル「Emu」を活用し、ユーザーが入力したテキストプロンプトに基づいて画像を生成できるAI機能になります。
昨年9月に発表したAIアシスタント「Meta AI」の機能の1つとして、MessengerやWhatsAppなどで利用可能となっていましたが、画像生成AI機能単体でWebサービスとして提供を始めました。

また、MessengerやInstagram向けには、imagineを拡張した「reimagine」と呼ばれる機能を追加。グループチャット内で生成された画像に対して、簡単なテキストプロンプトを加えることで、その内容を反映した新しい画像を生成してくれるようです。

その他、Meta AIに関するアップデートとして、ショート動画であるリールのサポートやFacebook向けに投稿メッセージの作成をサポートする機能、横長画像を縦長画像に変換する機能、Instagram向けにダイレクトメッセージの返信内容を提案する機能などのテストも実施しているそうです。
さらに画像生成AI関連では、AIによって生成された画像に対して目に見えない透かしを入れる機能を今後数週間のうちにMeta AIに実装予定とのこと。
人間の目では分からないが対応するモデルでは検出でき、トリミング、明るさやコントラストといった色の変更、スクリーンショットなどの加工にも応用できるなど、透明性とトレーサビリティを確保すると発表しています。

今まで、実際の撮影では難しかったクリエイティブの制作が可能になることも期待できるので、日本でのリリースが楽しみですね!

 

◼︎TikTok

TikTokトレンド大賞2023を発表 -「ストリートスナップ」「なぁぜなぁぜ」などが受賞!

TikTokは、2023年12月14日に「TikTokトレンド大賞2023」大賞と各部門賞を発表しました👏

「TikTokトレンド大賞2023」は、TikTokで2023年に流行ったハッシュタグや音楽、グルメ、ヒットアイテム、スポーツ、エンタメなどをノミネートし、2023年の動画投稿数、再生数、いいね数やその他アプリ内のデータなどを基に総合的に判断、その中で最も流行ったトレンドを決定する企画です。

こちらはTikTok内の動画投稿数、動画再生回数などの数値をもとに総合的に決定されています。

トレンド大賞:#ストリートスナップ
ハッシュタグ部門:#なぁぜなぁぜ
ミュージック部門:#アイドル
グルメ&ヒットアイテム部門:#ユニクロバック
スポーツ&エンタメ部門:#最高の教師
特別賞:#バスケ日本代表

皆さんもよく目にした投稿が多いかと思いますが、今年は何が流行るのでしょうか?!
2024年の人気投稿について、今後もこちらで発信させていただく予定ですのでお楽しみに✨

以上、各SNSのアップデート情報とNEWSをお届けしました。
今後の最新情報もお楽しみに!