意見に上司と部下なんていらない。

こんにちは、勝永です。

最近会う人に「記事読みましたー!」って声かけてもらえるので嬉しい限りです。

 無題

記事を書いて自分を表現する事で、初対面の人との壁が1枚無くなり会話が生まれる事が多くなったと感じています。
自分ブランディングを行うにもコンテンツの活用は有効のようです。

さて本題に戻し、前回の本当にその会議は有意義?で会議について触れましたが、
会議の素となる”意見”に着目して考えてみたいと思います。

まずは「意見」とは -ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説-

人が特定の状況や対象に対してもつ特定の態度の言語的表明。したがって意見と態度とは並行的な対応関係にあり,社会心理学では意見は態度測定の重要な指標とされている。狭義には自己の信念の言語的表明。

初っ端から複雑な言葉が並んでいます。

これは困りました。

ようするに意見は態度と関わりがあるという事ですね……わかります。

態度の言語的表明……やっぱりわかります。

一旦”意見とは”を忘れて考えてみます。(笑)

人と仕事をする上で意見は必要不可欠なものです。

 

八方美人はリスクと考える。

周りの目を気にして自分の身を守るために、あるいは相手に信頼してもらおうと自分の意見を言わないで同調ばかりしている時ありませんか?

2_research_15_main2-680x335
出典:http://lifestyle-co.net/2014090403/

同調を繰り返していると良いものが何なのかを考えなくなり、会社としても不利益になってしまいます。
目的の共有さえしっかりできていれば、どんな意見も無駄なものは無いと思います。
時には有効になる事があると思いますが意見を発する場で八方美人はリスクと考えます。

言いたいことが言えないこんな世の中じゃ。

古いですね。
Fotolia_77732476_Subscription_Monthly_M-e1441248212622
出典:http://bizlady.jp/archives/116044

これも八方美人と似ていますが、上司だから…と言いたい事がしっかり意見として話できていない事はありませんか?

高圧的な上司も中にはいるかと思います。だがしかし、だがしかし、会社は上司のために存在しているものではない。

意見が会社の目的に沿っていて、考え抜かれたものであれば、上司も部下も関係ありません。

意見を発信しにくい環境を作っている上司がいるのであれば、それは会社にとって癌になります。
意見をぶつけて合って会社を活性化していく必要があります。

POISON 〜言いたい事も言えないこんな世の中は〜 -wikipedia-

「POISON 〜言いたい事も言えないこんな世の中は〜」(ポイズン いいたいこともいえないこんなよのなかは)は、反町隆史の4枚目のシングル。1998年7月29日発売。発売元はユニバーサルミュージック。

 

全てはWhyから。

why
出典:http://plus2.jp/dualprocess3/

なんのために会社があるか、会社の目的はなにか、なぜ会議をするのか、なぜ作業をする必要があるのか等、全ての物事を「なぜ?」から入るとシンプルな考えにいきつきます。Whyをしっかりと理解しておけば一つ一つが意味のあるものになると考えます。

答えは目的がもっている。

Mint’zplanningでは年齢・役職関係なく意見を交わします。

役職はただの役割でしかなく会社の目的を具現化するツールと考えます。

 

以上勝永でした!

 

 

女性の輝く社会へ-Mint’zplanningでは働く女性を応援します-

073A7568

RECOMMEND