【Mint’z Planning×アラフォー男子】面白い化学反応を巻き起こします。

 

初めまして!

4月からMint’zplanningにjoinしました経営企画室のKentaroです。

入社初日は、年の差約20歳のmireiと一緒に入社式を行って頂きました!(笑)

 

 

表彰状もしっかり頂き、新たなスタートを切りました!

 

 

前職は13年以上ソーシャルゲームの開発企業にてマーケティングや、ビジネスデベロップメントを担当していました。

 

Mint’zの社員構成が女性社員率80%、平均年齢28歳に対し、アラフォー世代男子なのでかなり異色の存在ですが、今日はそんな自分がMint’zを選択した理由をお話ししたいと思います。

きっかけは、皇居でのランミーティング。

Mint’zとの繋がりは、入社1年程前に元々ジョギング仲間だった弊社CSOの長尾と、毎週末にランミーティングと称して、皇居ランをしながらお互いの仕事の話をしていた事がきっかけです。

 

※因みに、ランミーティングは10Kmぐらい走りながらミーティングをするのですが、正直しんどいです!

しかし、前に進みながら話すので、自然と議論も前向きな意見が多くなるので、考えに行き詰まった際は超オススメです(笑)

 

 

実はMint’zへの転職は最初全く考えていませんでした^^;

前職は創業期からのメンバーで、様々なゲームの国内・海外プロモーション、新規事業の立上げを経験し、自分なりに充実したワークライフを送っておりましたし、年齢も年齢なので全くの畑違いの業界に転職するなどリスクが高く発想自体ありませんでした。

 

しかし、ランミーティングを重ねMint’zのユニークな企業文化や事業内容を深く知るようになり、考えが徐々に変化してきました。

 

特に、代表の金本と初面談した時に心が動いた瞬間がありまして、

会社のこれまでの歩みを伺った際に聞いたエピソードが(失敗も成功も含め)どれもMint’z企業テーマである「女性の生き方のエンパワーメントに貢献する」に結びついており、このシンプルで力強い企業方針が、非常に印象に残った事を今でも覚えています。

ここだけの話「この会社口だけじゃないな」と思った次第です(笑)

 

 

そして、Mint’zの得意とする女性の感性を活かしたクリエイティブや企画に、自分がゲーム業界で培った、デジタルマーケティングのノウハウを加えたら、きっと面白い科学反応が起こるのでは・・・!?

そう思った時、Mint’zでの新たなチャレンジ欲求が、長年在籍しているゲーム業界でこの先も働く安定感を超え、転職を決意しました。

 

そんな私が入社した後、実際どうだったのか?

入社前のイメージと現実にギャップはあったのか?

Mint’zへ転職を検討している皆さんは特に気になるとは思いますが、お時間が迫ってまいりましたのでそれはまた別の機会にお話ししたいと思います!

 

※入社してまだ1ヶ月も経っておりませんが、絶賛250%稼働中です!(笑)

 

 

 

Mint’zは新しい文化と事業を創り出すべく、様々な分野の人材を募集しておりますので、弊社HPをご覧いただき、もし自分の得意領域をMint’zに加えたらこんな事ができる!と思った方は是非ご連絡ください!!

 

 

 

CONTACT